未経験でも大丈夫!貿易事務の適正性格を見よう
ロゴ

未経験から貿易事務になりたいならスキルなどを要チェック

貿易事務についてもっと知ろう

みなさんがイメージする貿易事務仕事とは、どのようなものでしょうか。漠然と、英語をペラペラと喋れる人が働いているイメージと答える方も多いと思います。そのイメージはどれも間違いではないですが、詳しく貿易事務の仕事について知っているわけではありませんよね。就活前に知っておきたいのは、貿易事務に求められるスキルの話や貿易事務に向いているタイプです。そのため、これから働く人にとっても気になる情報が満載だと言えるでしょう。

貿易関係の仕事に向いている性格

no.1

向上心が高い

貿易事務の仕事に面白みを感じる人に共通しているのは、向上心でした。自分の英語のスキルをもっと活かした仕事がしたい、もっと役に立ちたいと思う性格の人は貿易事務に就いても、さらなる活躍が期待出来ます。

no.2

与えられた仕事をこなしていくのが好き

貿易事務の仕事は、相手にするのが海外の取引先などが多いとは言え、一般の事務と業務内容に変わりはありません。そのため、毎日が同じ業務をクリアしていくことを目的としています。そこにやりがいを感じられるかが適正度の見極めにつながっているようです。

no.3

調整能力がある

スケジュールの管理や業務の調整が得意だと思う方は、貿易事務でもその才能を発揮出来るとの意見が多かったです。貿易事務は、常に取引先との連携をメインにしているため、スケジュール管理や調整といった作業は日常茶飯事です。だからこそ調整能力は大事なポイントになるようです。

no.4

マルチに対応出来る

貿易事務は海外を相手にしていたり、取引先から求められた資料などを作成したりします。そのため、マルチに対応出来る性格な人が向いてると言われています。だからこそ不器用な人や、急な場面に遭遇しても落ち着いて対処出来る人も適正だと言えるでしょう。

no.5

文章の読み書きが得意

外国語を喋ることも貿易事務では必要になりますが、事務の仕事なのでメールや資料の読むことのほうが圧倒的に多くなります。だからこそ、難しい内容の資料でも問題なく読める人は求人でも有利に採用してもらえるでしょう。

未経験でも大丈夫!貿易事務の適正性格を見よう

女の人

資格の有無について

貿易事務の仕事をするにあたって、必ず資格が必要というわけでもないようです。それは、求人では資格なしの未経験でも補助としてスタートが出来るからです。求人サイトなどでは、就職援助として資格取得のサポートを行なってくれる会社もあります。そのため、働きながら働けるチャンスもあるということを知っておきましょう。

持っていると有利な資格

貿易事務には、持っていると有利な資格があります。それは貿易実務検定などです。他にも通関士など持っていれば、さらなる活躍が期待出来るでしょう。

面接の際のアピールポイント

未経験からの貿易事務をスタートであれば、他と差をつけるためにも英語スキルをアピールすることが大事です。英語の資格や試験などの成果を持っていれば、積極的にアピールしましょう。

広告募集中